旅するマネージャーのブログ イメージ画像
旅するマネージャーのブログでございます。

まったりご覧くださいませ。

記事一覧

※京都市交通局は今回関係ないですさて、某日名古屋駅から京都駅に向かわねばならぬこととなっていた。18切符シーズンなら便利で快適な新快速乗り継ぎでもいいのだがあいにくそうじゃない。近鉄特急も考えたが急行の強行軍はフリー切符でもない限りなじまない。そうだ、「ぷ
『「ぷらっとこだま」に乗るっ!』の画像

11月21日月曜日Day4西大分駅に着いてから徒歩10分ほど。大分港に着く。さんふらわあのターミナルに行くと全国旅行支援の手続きをする。予約をしたときに決済をしていたわけではないのでその場で支払う。30分ほど待合所で待機すると漸くフェリーに入ることができた。↑クーポ
『11月旅行記Day4 【さんふらわあ乗船記】』の画像

Day3 11月20日日曜日快活クラブから出てきたのは6時過ぎ。所望の汽車から時間があるので別府と大分を往復してみる。白いソニックで別府に向かい、そのまま普通電車で大分に戻る。↑駅名標でっかそれでも時間があったのでホームをふらついていると「団体」の文字が。どうやら
『11月旅行記Day3 【北部九州を1周】』の画像

▲泉北高速線の終点、和泉中央駅。映る車両は泉北ライナー12000系泉北高速は2023年10月1日から運賃改定を実施する。鉄道運賃を改定します  ~小児IC運賃を一律50円に変更します~そのポイントは以下の通り①大人普通運賃・通勤定期運賃を国土交通省に認可済みの上限運賃
『泉北線 運賃値上げ&小児IC50円化へ』の画像

【お詫び】太宰府駅・太宰府天満宮につき、「大宰府」と表記していました。お詫びして訂正いたします。Day2 11月19日日曜日↑多分人生で初めてお食事券を見た6時20分小倉駅に着いた。ここから「みんなの九州きっぷ北部九州版」を使って2日間乗れる限りの特急に乗っていく。指
『11月旅行記Day2 【移動ばっか!】』の画像

JR東海は2024年2月を目途に東海道線の名古屋~米原間、中央線の勝川駅に「お客様サポートサービス」を導入するとした。要は無人化である。東海道本線(名古屋駅~米原駅間)・中央本線(勝川駅)への お客様サポートサービス(旧「集中旅客サービスシステム」)の導入につい

名鉄は、17日、ダイヤ改正の実施を発表した。改正日は3月18日。3月18日(土)にダイヤ改正を実施しますここ数年はきめ細やかにダイヤ改正を実施している。その内容を見ていく。(名鉄の複雑さをいまだ十分に理解できていないところがあるのでコメントでご教示くださいますと

※あのこんなに引っ張ることになるとは思いませんでした。【お詫び】誤字を訂正いたしました(誤:名門太洋フェリー 正:名門大洋フェリー)ご指摘いただいた方に感謝申し上げます11月中旬から下旬にかけて、弊学では学園祭がある。そしてその期間、出展をしなければ丸々休
『11月旅行記Day1 【名門大洋フェリー乗船記】』の画像

京急電鉄は、2023年10月に実施予定の運賃改定を国土交通大臣に申請した。その内容が少し妙な気もするので詳しく見ていく。 空港線を抱える京急電鉄はやはり利用者の減少の影響が大きく、2019年度以前の水準への回復が難しいとしている。利用回復の見通しが立たず、さらに今後
『京急 遠距離で「値下げ申請」 なぜ?』の画像

そういや、みなさん忘れてませんか?モバイルICOCAのことを2020年10月に「2023年春リリース」とリリースされて以来実施・中止・延期の話も含め何も出てこない。ニュースリリースはこちら。定期券・スマートEX・新幹線eチケットサービスなども利用可能となるとしているはずで
『みなさん、忘れていませんか?【モバイルICOCA】』の画像

南海電車は、2月11日から関西空港行特急ラピートを3往復増発することを発表した。2月11日(土・祝)から午前時間帯の「特急ラピート」を増便します(南海電鉄)増発されるラピートは難波発8~10時台、関西空港発9~11時台である。現行ダイヤだと、16時以降は毎時2本、それまで
『南海特急ラピート 午前中に復便へ』の画像

日本には97の空港、飛行場がある。その中には羽田・成田・関空・伊丹・中部といった国際空港もあるが、他方で定期便がないどころか旅客便が全くない空港が10港もある。今回はその紹介。①礼文~唯一の休止空港~国土交通省の「空港分布図」を見ると、「礼文空港は、平成21年4

最近JR東日本の冬季通過って多かったような...ということでまとめ(八ツ森、西仙台ハイランドは臨時停車のみを実施していた趣旨に鑑み除外)【山田線】大志田:2013年1月冬季通過実施、2016年3月ダイヤ改正時廃止浅岸 :2013年1月冬季通過実施、2016年3月ダイヤ改正時廃止平
『<JR東日本>冬季通過を実施した/する駅一覧』の画像

ガキの頃、年末ジャンボとか、サマージャンボとか親についていって買ったときに、その横のカレンダーで「1枚百円 近畿地区くじ」とか書かれてるのを見て「誰がこんなん買うねん!!」と思っていました。買いました。ええ。買ったくじは第2736回近畿宝くじ。じゃあなぜ買った
『宝くじを買う 【誰が買うねんと思ったら】』の画像

ふと気になって調べたものである。新幹線駅で「改称」が絡んでいるものだけを取り出したものである新幹線開業後に改称したのは小郡くらいということになり、ほかは新幹線開業時に同時に駅名改称している。・山陽新幹線新倉敷:山陽新幹線開業時に玉島駅から改称新岩国:山陽

ちょうど1年前に話をした、熊本空港アクセス線のお話の続き。 分岐駅として三里木駅、原水駅、肥後大津駅の3駅が試算されており、三里木駅分岐を市が目指していて、JR九州が原水駅に半導体企業が来ることなども踏まえ、肥後大津分岐を提案していた...というのが前回までのあ

2022年も旅するマネージャーのブログをご愛顧頂きましてありがとうございました。折角年の瀬ということで、今年どんなけ出かけたんだということを少し書いておきます。今年後半以降のものは旅行記を書いていたりするので合わせて是非。1月3日京阪電車の正月ダイヤ、急行のプ
『2022年の旅行を振り返る』の画像

産経がまたすごい記事を上げていたので紹介しつつという感じになる。 阪急の次期社長がJR新大阪ー阪急十三ーJR大阪(北梅田)の新路線を敷設し開業すると言ったのだ。この構想自体は昔からある。が、驚くべきはその開業時期だが、「令和13年春」つまり2031年春であり、なにわ筋
『阪急なにわ筋連絡線 同時開業か』の画像

基本的に各鉄道会社は路線ネットワークを形成するにあたって、既存の路線を延伸していく形で行われる。となると当然ながらその路線は一体のものとして出来上がっていくはずである。しかし、日本の鉄道の中では同じ事業者の鉄道なのに離れたところにあるというものがある。今
『「飛び地」な鉄道路線たち』の画像

しなの鉄道のダイヤ改正、過去に予告していた通り、2023年春ダイヤ改正で減便をする。2023年3月のダイヤ改正並びに 運賃の一部見直しのお知らせ概要としては①長野~上田:8本減(昼間は40分間隔化)②上田~小諸:12本減③小諸~軽井沢:6本減(自治体支援を受けた増便運転
『しなの鉄道 23年春ダイヤ改正詳報 大減便へ』の画像

↑このページのトップヘ